夏バテで弱った胃腸を回復させるヨガ

投稿日:

夏本番ですね、楽しんでいますか^^!?

私は先日、地方のイベントの仕事でたくさん日焼けして東京に帰ってきました😎
旅行も兼ねて1週間ほどホテル暮らしをしていたのですが、“楽しもう!”って思っている時に、“ダイエット中だから食べたいものを我慢する”とか、できればしたくないですよね。

私は元々冷え性なので、体を冷やさないために、普段は朝起きたら一杯の白湯を飲んで、レッスン中にも水筒に白湯を入れて持ち歩いているのですが、この期間は猛暑も相まって開放的になり、“もういいや、夏を楽しもう”という気になって冷たい水もどんどん飲むし、夜はキンキンに冷えたお酒を楽しんだり満喫していました^^

今日は私のように、夏遊びすぎて胃腸を酷使させてしまった後にできるケアをご紹介します!

夏バテの大きな理由、胃腸が弱る原因

体に良くないと知ってはいても、夏ですから、冷たいものを食べたり飲んだりしたいですよね。

冷たいものを食べたり飲んだりすると、それが体内に通る時に内臓、特に胃や腸も冷やしてしまいます。

そして、胃腸を冷やすと本来の胃腸の働きが発揮できなくなるのです。

ねじるポーズで胃腸にいい刺激を与える

胃腸本来の働きが鈍って便秘や下痢になったりした時、ねじりのポーズがおすすめです。

やり方

  1. まずは座った状態で両足を肩幅くらいに開いて両膝を左右にパタパタ倒してみましょう。
    力を入れずに股関節の様子を見るみたいな感じで気軽に動かしてください。
  2. 慣れてきたら膝を傾けた方向と反対側に目線を向けましょう!
    そうすることでさらにお腹への刺激が入ります。

    一生懸命ねじるというよりは、ひっかっかったネジを緩めるような感じで力を抜きながら30往復くらい。

  3. 次は足幅を広くして同じように両膝を左右に倒します。
  4. 慣れてきたら目線もつけてくださいね。

  5. そして、そのままデット・ウォーリアーです。

    左右行って、まずは体全体を無理なく捻って、内臓を刺激しましょう!
    その後は、個人の柔軟性に合わせて、アルダ・マツィエンドラ・アーサナパラドヴァージャ・アーサナで少しずつ刺激を強くしていってくださいね。

最後に

今回ご紹介したようなねじるポーズは胃腸の働きを高め、デトックス効果が期待できるので、十分にお水をとりながら行ってくださいね^^

やり方がわからない、いまいち効果がわからない時は、是非LINE公式アカウントからメッセージください。

友だち追加
プライベートレッスン