夏バテの原因、胃腸を冷やしすぎないたった一つの習慣

投稿日:

いよいよ本格的な夏が来ましたね!
思いっり夏を楽しむためにも、夏バテなどのなったりせず、暑さを上手に乗り切りましょう!

夏バテの原因はいくつかあると思うのですが、今回は一番大事な、体の中のこと、“胃腸を守ること”について書きたいと思います。

夏バテの原因とは

夏ですから、冷たいものを食べたり飲んだりしたいですよね。

体を冷やさないために、普段は朝起きたら一杯の白湯を飲んで、レッスン中にも水筒に白湯を入れて持ち歩いている私でさえ、ここ最近の猛暑で開放的になり、“もういいや”、“夏を楽しもう”という気になって冷たい水をガブガブ飲んでいます。

冷たいものを食べたり飲んだりすると、それが通る内臓、特に胃や腸が冷えます。

そして、胃腸を冷やすと本来の胃腸の働きが発揮できなくなるのです。

胃腸を守る習慣

そんな時、冷たい物も多少は摂ってもいいけど温かいものも摂って欲しいのです。

まずは、冷たいものを食べたら温かいものを食べる。

具体的に言えば、キンキンに冷えたビール飲むなら、揚げたての鶏の唐揚げを一緒に食べるとかして欲しいんです。

ビールは苦くて冷たいです。
漢方では苦味は身体を冷やすと考えます。
そしてビールは基本的に冷やして飲むのでより冷やします。

鶏の唐揚げは鶏そのものが温性で揚げたてなら熱いのでビールと合わせるとチャラになるかな?という感覚です。

どうしてもアイス🍦とかを食べたいなら、アイスを最後にして、そこまでは温かいものを食べるという感覚が大事なのです。

是非、実施しみてくださいね!

でもやっぱり冷やしすぎてしまった時は・・・

どうしても胃腸の働きが弱ってしまったりして、便秘になってしまった時は、体の外側から適度に内臓を刺激してあげましょう。

外からできるケアとして、腸もみやねじる運動がおすすめです。
ねじるポーズはこちらの記事を参考にしてください。

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます!
Offical Lineでは、レッスンやご相談をお受けしています。

友だち追加
プライベートレッスン