季節の養生法 -梅雨編-

今年は例年よりも早い梅雨入りでしたね。

梅雨の特徴① “湿邪” になりやすい

梅雨というのは、雨が多く、また湿度が高く、体の中にも湿気が溜まりやすいです。

体内の水分調節がうまくいかず、体がだるかったり、むくみやすくなり、気分も憂鬱になります。

養生法では身体に溜まった湿気のことを「湿」、湿が過剰に停滞して排出されにくい状態になっていることを「湿邪」といいます。

余分な湿の排出を促して、高温多湿なこの時期を快適に過ごしましょう!

湿邪から体を整える方法

おすすめは、ヨガのねじりのポーズです。

ねじるポーズは精神面では視点を変えるとか、気持ちを切り替えるとか、そういう効果があり、体の面ではとにかく内蔵の活性化、デトックス効果が高いので、今の時期に本当にオススメです!

梅雨の特徴② =胃腸が傷みやすい

この湿気に弱いのが五臓六腑の中の一つである脾(ひ)で、現在の医学で言えば、胃腸に相当します。

湿邪になると傷みやすい臓器が「脾」ので、この脾(胃腸)を湿気から守ることが梅雨の養生法になるのです。

湿気から脾(胃腸)を守るには身体の内側の湿気を取り除く必要があるわけです。

脾=胃腸を湿邪から守ろう

脾は消化器官と深く関連する臓器で、脾が弱ると消化吸収の能力が衰えて食欲不振や胃痛、消化不良などを起こしやすくなります。

冷たい物の取り過ぎや、必要以上の水分の取り過ぎも、むくみやだるさ、胃腸障害の原因になります。

お腹が張ったり、下痢などの症状も体内の水分が滞るために起こしやすくなります。

身体の熱を冷ますキュウリや、身体のむくみを取るそら豆を活用しましょう。

これからの季節におすすめの自炊メニューのポイントをこちらにもご紹介しています^^

季節にあわせた配慮で自分自身の免疫力を上げていきましょう♪

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます!
Offical Lineでは、レッスンやご相談をお受けしています。
食に関するアドバイスもできますので、お気軽にご相談ください。

友だち追加
プライベートレッスン

Ayurveda 大人女子のガチ美ブログ

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。