脂肪燃焼に効果的な フローヨガ

投稿日:

フローヨガは、脂肪燃焼効果のほかにも姿勢の改善や柔軟性アップ、ストレス解消といった効果も期待できます。

深い呼吸とともに、緊張と弛緩を促すポーズを効果的に行うことで、自律神経のバランスを整え、免疫力を高められます。

フローヨガは、心臓血管の健康を促進するほかにも、ストレス解消、関節などの可動域を広げる、全身の筋肉を強化させるといった効果も期待できます。同じポーズをキープするヨガや、ゆっくりとおこなうヨガでは少し物足りないという人には、フローヨガをおすすめします。

関節など、可動域を広げる

フローヨガは、流れにのせてさまざまな動きをおこないます。
そのため、一連を通して全身を動かしている時間が長いです。
通常は動かさない体もこのフローヨガで動かすことで、広い範囲にわたる筋肉の柔軟性を養うことができます。

柔軟性がついてくると、関節の可動域が広がり、さまざまな動きができるようになります。
ヨガや筋トレで挑戦できるポーズや動きが増えるので、さらに高い効果を目指すことがでしょう。
また関節の可動域を広げることは、繰り返す動きによって生じる痛みや怪我を防ぐのにも役立ちます。

心臓血管の健康を促進する

Journal of Yoga&Physical Therapyの2013年の研究発表によると、フローヨガの流れる動きは、心臓血管の健康を保つためのトレーニングの1つに取り入れることができるとのこと。

フローヨガは、1つのポーズをキープするヨガと比べて、ペースが速く、動きに流れがあります。
呼吸をしながら動くことで、心拍数が上がり、熱が発生し、心臓に血液が戻る動きを促進することができます。
さらにフローヨガは、心臓や血管に過度な負担をかけない運動でもあるため、安全に心臓血管の健康を促進させることができます。

バランスのとれた筋肉を構築

フローヨガでは、全身を使います。そのため、フローヨガを続けることで、全身の筋肉を構築することができます。

筋肉のバランスが整うだけではなく、バランス感覚が養われるのも嬉しいポイント。バランス感覚が養われることで、転倒リスクを下げることができます。