むくみの原因と解消法

投稿日:

夕方になると足がむくんでブーツのファスナーが上がらない、お酒を飲みすぎた翌朝は顔がむくんでパンパン、お正月に食べすぎてなんだか急に太った?・・・・・・。
体のいろいろな部位に発生し、私たちを悩ませるむくみの症状。
そのとき、体の中ではどんなことが起こっているのでしょうか。
体がむくむメカニズムと正しい解消法をお教えします。


むくみとは

むくみのほとんどは病気ではなく、体質や生活習慣によるものです。

人間の体のおよそ60%は水分で、そのうち40%は細胞内(細胞内液)に、20%は細胞外(細胞外液)にあります。
このうち、細胞外液がむくみに関わってきます。
通常、細胞外液は、血液(血漿やリンパ液)が5%、細胞と細胞の間にある水分(組織間液)が15%の割合で成り立っています。
これらの水分は毛細血管を通じて行き来して、細胞に栄養を届けたり、老廃物を除去したりしていますが、通常は体内の水分の割合は維持されています。
しかし、そのバランスが崩れて組織と細胞の間に余分な水分が溜まると、体の中の老廃物が流れず、汚い水が体の中に溜まってむくみが発生するのです。

汚い水ってところがポイントです!

なぜ、むくむの?-日常編-

血液の循環が悪くなると、むくみます。
とくに脚は心臓より下にあるので重力の影響で血液が心臓に戻りにくく、ふくらはぎの筋ポンプ作用と静脈の逆流防止弁の働きによって血液を心臓に戻しています。
しかし、立ったり、座ったりしたまま体をあまり動かさないでいると、ふくらはぎの筋ポンプが働かず足の血液の循環が悪くなります。
また、窮屈な下着を身につけると血液循環が悪くなり、むくみにつながる場合があります。

なぜ、むくむの?-食事編-

食べ物では、塩分の摂り過ぎがむくみに直結します。
体には塩分濃度を一定に保とうとする働きがあるので、塩分を摂り過ぎるとそれを薄めるために水分を溜め込みやすくなるのです。

気をつけて!これは逆効果

よく、むくむのが嫌だから水を飲まないっていう方がいますが、水を飲まないと、体が水分量をキープしようとして、逆に水を溜め込もうとします。

それで、体内にとどまっている水に汚れがたまってしまうんです!

だから、むくむのが嫌だから水を飲まないっていうのは逆効果なんです。
水を飲んで体内の老廃物を流しましょう!

ジュースや清涼飲料水もおすすめできないんです。
原材料を見ると色々入っていますよね!毎日たくさん飲んで欲しいので添加物は入ってない方がいいです。

お水はどのくらい飲んだら良いの?

何も混ざっていないお水を1日2リットルが目安に飲みましょう!

どんなお水を飲んだら良いの?

常温以上の水を飲むようにしましょう。水に限らず、冷たいものを飲食すると内臓が冷えて、色々な不調に繋がってしまいます。

むくみに解消効果的な食事

カリウムの多い食材を食べる🍌利尿効果・利水効果が高まって、体内の湿気=水分を排出しやすくします。

いつもBlogをご覧いただきありがとうございます!
公式Lineアカウントでは、個人的なご相談もお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

友だち追加
プライベートレッスン