妊活ならナプキンは布やオーガニックに切り替えて!その切実な理由

投稿日:

多くの女性の悩み、「冷え」。
体の「冷え」は血流が悪くなっているサインです。

なぜ女性ばかり冷えるのか知っていますか?
女性は男性より一つ内臓が多いからです。。。そう、子宮です。
しかも毎月の生理で女性はさらに血液を必要とします。
だから、血液不足になりやすいですし、それに伴って体が冷えやすいんですね。

血流が滞ると子宮や卵巣に栄養が行き届かず、その活動を妨げてしまいます。
また、疲れやすくなるという問題も。

解消するには体を温め、血液をめぐらせることが大切。
妊娠に関わる重要あ早期に十分な栄養を届けるためにも、「冷え」を解消しましょう!

「冷え」ると良くないことばかり

「手足がいつも冷たい」「下腹部がひんやり重たい感じがする」。こんな症状は「冷え」が原因になっていることがほとんどです。

体が冷えると血管が収縮し、血流が悪くなります。
受精卵を着床させて育てるたいせるな場所である子宮には、栄養を十分に送り届けるために血液がたくさん流れ込んでいますが、血流が滞ると酸素や栄養が充分に行き届かず、本来の昨日を発揮できません。
子宮や卵巣の機能が衰えると、やがて卵子の質が停止たるすることも。
女性ホルモンの分泌も悪くなり、たとえ受精しても着床を促すホルモンが上手く出ないことがあります。

「冷え」による不調は、病気ではなく「未病」の状態と言えます。
「動けないくらいの体調不良ではないから大丈夫」とほうっておくとトラブルを引き起こすことに。
しっかり対策することが必要です。

妊娠力をアップするためには、冷えをとって、基礎体温36.5度以上に保つことが大切。
冷えを取る方法は大きく分けて2つです。
自分自身で熱を作れるようにすることと、体が冷えないこうに外から温めることです。

筋肉量を増やして、自分の中から熱を起こせる“発熱美人に”

体温の約40%は筋肉がつくっているので、適度な運動をして筋肉を増やせばより多くの熱をつくりだすことができます。

特に下半身の筋トレがおすすめです。
体の筋肉の75は下半身についているので、お尻や太ももなどの下半身を中心に動かす運動は筋肉量を増やすのにとても効果的です。
さらに、有酸素運動とセットで行うと筋肉がつきやすい体になります。
テストステロンというホルモンが分泌され、メンタル面も強くポジティブになれますよ!

おすすめは呼吸を重視しながら、呼吸とともに体を動かすフローヨガです。
詳しいやり方などはこちらの記事に書いているのですが、特に初心者の方には簡単な動きから慣れていただきたいです。

公式ラインでは個別のトレーニングに関して個別のご相談からお受けしています。

友だち追加
プライベートレッスン

飲料水は基本的に白湯

特に朝起きたとき、寝る前などは暖かいお水=白湯で体を冷やさないようにしてください。

暑い夏などは、冷たい飲料水をぐいっといきたいところですが、体の中が冷えていると、いくら水を飲んでも細胞に水分が届きません。
逆に体の中で熱を奪う「冷却水」のような役目をしてしまうことに。

発酵食品でポカポカ体質に

おすすめは朝食のお味噌汁

最近、始めたことでとってもオススメの朝ごはんにお味噌汁を飲むこと。

漢方の先生に教えていただいたのですが、特に女性は年齢を重ねると誰でも女性ホルモンが減っていき、血虚(血が足りない状態)になります。

女性ホルモンがなくなると“閉経=出す血がなくなる”ということです。

お味噌汁に主成分は大豆ですが、大豆は漢方的には血を補う作用(補血作用)があります。

ただし、薬ではなく食べ物なのでその効果は穏やかです。
ですから、習慣にして少しずつ体質をよくすることができます。
朝食って大体同じようなものを食べていませんか?だからこそ、体にいいことを蓄積したいですよね!

また、お味噌汁は温かくして飲むので朝の一杯には体を温めるとてもよい食養生出そうです。

普段体を視野してしまう生活をしている人には朝のお味噌汁がオススメです。

そうは言っても、私は朝食にはパンを食べているので、普通のお味噌汁は合わず、洋風のお味噌汁レシピを考えました!

これならパンも合いますよ♪
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1610017333/   

満腹はNG。腹八分目が体を活性化

妊活には栄養バランスの取れた食事が基本ですが、食べすぎてはだめ。
食べすぎると、消化のためにたくさんの血液がいに行ってしまいます。
すると老廃物を排出する臓器に血液が流れにくくなり、冷えの原因になってしまいます。
体内の老廃物をきちんと出すには、自分が「お腹がすいた」と感じる時間を作ることが大事。
ポイントは腹八分目。「もうちょっと食べたいな」と物足りなさを感じるくらいを心がけて。

布ナプキンで外からの冷えをなくす!

この記事で一番伝えたかったことです。

女性の90%以上が当たり前に使用している紙ナプキンですが、実は紙ナプキンには化学物質が使用されており、その化学物質が子宮内膜症や不妊の原因につながることもあります。

そして、生理用紙ナプキンの多くには吸収剤が入っています。
また、吸収力を上げるために使用されている高分子吸収剤は、熱を冷ます冷えピタと同じ素材でできており、これが女性の体を冷やしてしまいます!
私はこの事実を知ったとき、家中の紙ナプキンを捨てました。
布ナプキンをお勧めしたいところですが、洗って繰り返し使う感じが、私には合わなく、同じように感じる方はせめてオーガニックナプキンに切り替えることをお勧めします。

逆に膣を温めましょう!おまたカイロ

寝る前のストレッチと腹式呼吸

ベットに入る前はゆったりと過ごすように心がけましょう。
湯船に浸かってポカポカになった体は1日の疲労で硬くなった筋肉が温まってほぐれやすくなっているので、お風呂から出たらゆっくりストレッチしましょう。
特に足を開いて股関節周りをほぐすと、血流がよくなり、老廃物や余分な水分排出にも効果的。
毎日続けていくと、体質改善になりますよ。

最後に仰向け等で腹式呼吸をすれば心もほぐれて、リラックス。
睡眠の質も良くなりますよ^^

いつもBLOGをご覧いただき、ありがとうございます^^!
ストレッチのやり方がわからない、続けているけど、なんだか効果がわからない、、など、あなたに合ったパーソナルレッスンも公式ラインから受けつけております。

友だち追加
プライベートレッスン