理想は〇〇のような身体

トレーニングをつづけていたり、ある程度自分の理想の体になっていたりすると、目標があやふやになっていて、トレーニングが楽しくなくなっていたりしませんか。

実は、最近の自分がそのような感じでした汗

自慢したいほど自分に自信があるわけではないし、上には上がいるって知っているけど、まあ健康だし、ちゃんと動けるし、特に悩みのない状態だったのです。

でも、あるきっかけがあって、初心を思い出しました。



うさぎのような身体

私がまだヨガを始めたばかりの頃、かだらを変えたくて、ヨガの先生に相談した時に、最初に言われたことがあります。

「うさぎのような体を目指すと良いよ!」

うさぎって抱っこするとビヨーンって伸びるくらい柔らかくて、それでいていざっと言う時には抜群の脚力で高ーくジャンプできる筋肉がある。

ジャンプ力はものすごくあり、高さ50cmくらい、幅は1mくらいなら余裕で飛び越えることができます。
走る速さもとても速く、時速40kmで走ることができるので、広いところで走り出したら ほぼ人間が追いつくのは無理なので、公園などで離すときはリードをつけるなど注意が必要なほどだそうです。

しかも、準備体操なしでいきなり動けるからすごいですよね!

そんなうさぎのように、柔らかくて、使う時にはちゃんと力を発揮できる筋肉。それが理想だということです。

 

マシュマロ筋肉

良い筋肉は、使わない時にマシュマロのように柔らかいと聞いたことがあります。

筋肉の約75%は水分ですから、ハリやみずみずしさも出ます。

(余談ですが、だらか筋トレをするときは、プロテインなどのタンパク質はもちろん、お水も十分に摂りたいですね。)

 

イルカのように泳ぐ

趣味で水泳をしているのですが、バタフライ上手くできなくて練習していた時に

「イルカって顔から水に飛び込まないですよね、もっと後頭部から水に入って!」

ってコーチに教えてもらいました。

なるほどー、イメージしやすいですよね^^

水の抵抗を少なくするために面(顔)ではなくて、点(後頭部)から飛び込むんですね!

トレーニングが思うように進まなかったり、目標を見失って楽しく無くなったりした時、他の誰かに憧れたり、〇〇さんみたいになりたいって思ったりすると、色々理由をつけて「私には無理」ってなってネガティブな感情も同時に抱いてしまいがちです。

他の動物とか、違うものに例えたりするとイメージしやすく、楽しめる気がします^^

Blog

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。