ドーシャ

美容やマッサージとして馴染みのあるアーユルヴェーダ
実は、アーユルヴェーダの起源も、ヨガが登場する文献であるヴェーダにあります。

– contents –
ドーシャとは
・「空」「風」「火」「水」「地」の5元素
のエネルギー VATA (ヴァータ)
・火のエネルギー PITTA (ピッタ)
・水のエネルギー KAPHA(カパ)
あなたはどのドーシャ?
おわりに



about ドーシャ

アーユルヴェーダでは、人の体には「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と呼ばれる3つの生命エネルギーがあるとされ、この3種類のエネルギーを“ドーシャ”と呼びます。
人はみんな3つすべてのドーシャを持っていますが、ほとんどの人は3つのドーシャのうち、1つもしくは2つ優勢なドーシャがあります。

アーユルヴェーダでは、これらの「ドーシャ」がバランスの取れている状態を健康と位置付け、そのバランスが崩れると健康を損なう状態になると考えます。
自分の生まれ持った性質や、今の環境や状態がどのドーシャに属するのかを知ることが、大切なことです。



「空」「風」「火」「水」「地」

私たちの身体や心の動きの基礎には、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3種類のエネルギーが存在していると言われ、そのエネルギーは、「空」「風」「火」「水」「地」の5元素で成り立っています。
それらのバランスが崩れると病気になると考えられているのです。
私たちの身体が小宇宙と言われるゆえんは、ここにあるのかもしれませんね。


VATA

VATA(ヴァータ)とは風のエネルギーです。
軽・冷・乾・粗・動の性質を持ち、肉体の運動、感覚の刺激や神経の伝達、呼吸といった働きを司ります。

PITTA

PITTA(ピッタ)とは火のエネルギーです。
熱・鋭・流・変・液の性質を持ち、体内における化学変化、食物の消化・吸収、代謝といった働きを司ります。

KAPHA

KAPHA(カパ)とは水のエネルギーです。
重・冷・遅・油・緩の性質を持ち、身体に結合エネルギーとして、肉体の構造や体力の維持、同化作用といった働きを司ります。


あなたはどのドーシャ?

下記の項目で一番当てはまるものが多いドーシャが今のあなたの優勢となるドーシャです。

VATA(ヴァータ):風
□乾燥しやすい
□スリムな体型
□便秘がち
□冷えを感じやすい
□理解は早いが忘れやすい
□芸術的、創造的
□気分の変動が激しい
□眠りが浅い
□緊張しやすい

PITTA(ピッタ): 火
□肌荒れしやすい
□下痢しやすい
□胃が悪
□目が充血する
□体が柔らかい
□チャレンジ精神旺盛
□知的でリーダーに向く
□集中力がある
□完璧主義
□短期で怒りっぽい

KAPHA(カパ):水
□体力に自信がある
□黒くしっとりとした髪
□色白でみずみずしい肌
□鼻水・鼻づまりがある
□だるさや眠気を感じる
□穏やかで寛大
□落ち着いている
□長期間の記憶力がある
□所有欲がある
□くよくよしやすい


おわりに

いかがでしたか?
ドーシャに合わせて、効果的な食事や行動なども変わってくるので、まずは自分がどのドーシャなのかを認識するだけでも良いことだと思います^^

Ayurveda

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

1 Comment Leave a comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。