ヴィーラバドラーサナ III

今日のアーサナ💫 ヴィーラバドラーサナ IIIヴィーラバッドゥラ ・ アーサナⅢ、Virabhadrasana III

別名 日本語で 英雄のポーズ3
 英語で Warrior III Pose

– contents –
・ヴィーラバドラーサナ IIIとは
・ヴィーラバドラーサナ IIIのやりかた
・ヴィーラバドラーサナ IIIの効果
・ヴィーラバドラーサナ IIIの注意点
・ヴィーラバドラーサナ IIIのコツ・ポイント☝️
・ヴィーラバドラーサナ IIIをさらに深めたい✨
・ヴィーラバドラーサナ IIIをもっと優しくしてほしい💦
・ヴィーラバドラーサナ IIIでもっとチャレンジしたい💪‼️
ヴィーラバドラーサナ IIIでありがちなミスアライメント🙅‍♀️
・ヴィーラバドラーサナ IIIを取り入れたシークンエンス例✏️


LEVEL ★★☆☆


about
ヴィーラバドラーサナ III

サンスクリット語の “ヴィーラバドラ” は、戦士の名前です。
神話の中に出てくる戦士のような気分で堂々とポーズをしてみましょう!


HOW TO
ヴィーラバドラーサナ III

 

  1. タダーサナで立ち、吸いながら両腕を頭上へ挙げます(ウルドヴァハスターサナ)。

  2. 手の先から、右足の先までのラインをまっすぐ保つように意識します。吐きながら、右脚を伸ばしたまま後ろへ挙げていくと同時に上半身を前へ傾けていきます。右脚が外に開いて骨盤が逃げていきやすいので、骨盤をなるべく下へ向けます。
  3. 水平を目指して傾けていきます。軸足側の股関節の根元、お腹をしっかり引き入れます。限界まで傾けたら、伸ばした手の間の先へ目線を送ります。合掌することで真ん中のバランスを意識しやすくなりますが、肩に力が入るようであれば手は離しておきます。
  4. 3呼吸キープしたら、吸いながら上半身を上げるとともに右脚をおろしていき、ウルドヴァハスターサナに戻ります。左側も同様に行います。

    (各ポーズでは、3回の深呼吸を意識しましょう。)



効果

  • ハムストリングス・内転筋・大臀筋強化(挙げた脚)
  • ハムストリングス・大臀筋ストレッチ(軸脚)
  • 体幹の強化
  • 姿勢改善
  • 骨盤矯正
  • バランス感覚・集中力UP



注意点

  • ハムストリングスなどの脚の筋肉・膝・足首などを痛めている場合は避けましょう。
  • 首を痛めている方は、前を向かずに下を向いたままで構いません。
  • バランスに不安がある場合は壁の近くなどで行いましょう。
ヴィーラバドラーサナ III

必ず手本どおりにやらなければならないというものではありません。
怪我や、体に負担がかかる場合は、無理をしないようにしましょう。



コツ・ポイント☝️

  • 下半身が上がっていく(お尻と同じ高さ)のとテコのように上半身が倒れていくように。



さらに深めたい✨

  • 上げている足の踵を蹴り出すように遠く、両手は指先までエネルギーを行き渡せるように遠く、踵と指先で引っ張り合いっこするように
  • 地面についている足でもしっかりマットを押して、体幹から向かっている3方向に力を拮抗させる。



もっと優しくしてほしい💦

  • 両手を頭の先ではなく、胸の前で合掌したり、腰に添えたり、マットに下ろす。



もっとチャレンジしたい💪‼️



ありがちなミスアライメント🙅‍♀️

  • 上げている脚側の骨盤が上がっている
  • 上半身だけ下がっていて、脚が上がっていない



シークンエンス例✏️

Asana

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

1 Comment Leave a comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。