リラックスクラスのシークエンスの作り方

基本のクラスの作り方です。

【全体のPoint】
時間配分:
前半のウォームアップ&立位、後半のクールダウン&シャヴァ・アーサナを半々。

前半で交感神経を刺激してから副交感神経を優位にする:
交感神経を優位にするには、体の前側を広げる、後屈系のアーサナ。
副交感神経を優位にするには、体の前側の皮膚を緩める前屈系のアーサナ。

シークエンス
00_挨拶、お話:
  リラックスクラスの意図やリラックスのお話を身近なエピソードなどから。

01_座り方

02_メディテーション

03_呼吸法(ゆっくり、長く吐くことを意識することを伝える):
  基本は完全呼吸法+(ナーディーショーダナやカパーラバティ)
  最後にいつもの呼吸に戻すことを忘れずに。

04a_ウォームアップ(ほぐし)上半身

04b_ウォームアップ(ほぐし)下半身

〈ここで小休憩。お水を飲んだり、汗を拭いたり〉

05_太陽礼拝:
  一回程度、座位の太陽礼拝にして簡易的にするもの良い。

06_立位・後屈などのメインパート
  胸を開くポーズなど、大きな筋肉を使う力強いポーズを入れたりして、
  この後の副交感神経を活性化させるために、ここで交感神経の働きを高める。

ここまで前半______________________
〈ここで小休憩。お水を飲んだり、汗を拭いたり〉
ここから後半______________________

07_座位・仰向けのクールダウン
  意識的に深い呼吸を行い、副交感神経の働きを高める。
  説明を簡略化し、アーサナの中で自分の内側の変化に意識を向ける時間をとる。

08_シャバーサナ
  クラス時間の一割程度
  シャバーサナの後に伸びをする等、体を覚醒させる時間をとる。

Class

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。