ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ

今日のアーサナ💫 ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ

別名:日本語では、“ 三角形のポーズ ”

– contents –
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナとは
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナのやりかた
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナの効果
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナの注意点
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナをさらに深めたい✨
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナをアレンジしたい♪
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナでもっとチャレンジしたい💪‼️
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナを取り入れたシークンエンス例✏️

LEVEL☆☆



about ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ

” トゥリ ” は「3」。” コーナ ” は「角」を意味する。
ヨガのクラスでとっても多く出るポーズです!



HOW TO
ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ

 

  1. タダーサナで立ち、で立ち、足先が手首の下あたりにくるように右足を後ろに引きます。右足の位置は、左足のかかとの延長線上に右足の土ふまずが来る位置に置きますが、難しいようであれば少し外側(胸の方向)に置いても構いません。右足首の向きは少しだけ内側(5°程度)に向けます。左足首の向きは、左膝と左足の人差し指がまっすぐ前を向くように、股関節を外回しします。

  2. 吸いながら両腕を鎖骨の延長上に伸ばし、背筋を伸ばしお腹を引き入れます。

  3. 吐きながら、骨盤が倒れないように、左手で遠くのものを取りに行くように右腰の横を伸ばして、上体を左へ傾けていきます。
    左手は太ももやすねなどに軽く置きます。可能であれば小指側の床に置きますが、体重はかけないようにします。
    右手のひらは胸と同じ方向、目線は右手の先を見ます。

  4. 5呼吸ほどキープ。吸う息とともに左胸を空へ向けるように骨盤を開き、吐く息と共に、骨盤の向きはキープしたまま右体側を伸ばして上体を傾けていきます。下になっている左体側もくしゃっとつぶれないように、両体側を頭のほうへ伸ばしていきます。

  5. 吸いながら上体を起こし、吐きながら腕をおろし右足を前に戻してターダーサナに戻ります。左側も同様に行います。

    (各ポーズでは、3回の深呼吸を意識しましょう。)



効果

骨盤矯正股関節外旋の柔軟性UP

体幹の強化

ハムストリングスストレッチ(前脚)

大腰筋・骨盤まわりの筋肉のストレッチ(後脚)

肩こりの改善

腕の筋肉の強化

ストレス解消






注意点

  • 腰の柔軟性がまだ十分でなく、腰が丸まって胸が開いていないときは、下の手をつく位置をスネ辺りにする。
  • お尻(尾骨)から頭の先まで一直線。
  • ハムストリングスや股関節周りの部位を痛めている場合は避けましょう。
  • 首を痛めている方や目まいのする方は、上を向かずに正面を向くようにしましょう。
  • 床に近づくことよりも、骨盤が前に倒れていないかどうかが重要です。柔軟性と相談しながら心地よいポジションでキープしてください。
トゥリコーナ・アーサナ

必ず手本どおりにやらなければならないというものではありません。
怪我や、体に負担がかかる場合は、無理をしないようにしましょう。




さらに深めたい✨

  • 余裕があれば目線を空へ向ける。
  • 後ろの太ももを内旋、前の太ももを外線させて、土台を強くする。
  • 全身が平面上にある状態で、下側の体側がつぶれないよう体幹を伸ばしながら、上半身を傾けていく。




アレンジしたい♪

  • 下の手を床にも太ももにもつけず、頭の先へ伸ばす。
  • 上の手を頭の先へ伸ばし、脇の下を伸ばす形はシヴァナンダヨガなどで行われます。





シークンエンス例✏️

  • 太陽礼拝B→
    ウッティタ・トゥリコーナ・アーサナ(ここ!)

Asana

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。