ブルクシャアーサナ

今日のアーサナ💫 ブルクシャアーサナ

別名、” 木のポーズ ”

– contents –
・ブルクシャアーサナとは
・ブルクシャアーサナのやりかた
・ブルクシャアーサナの効果
・ブルクシャアーサナの注意点
・ブルクシャアーサナをさらに深めたい✨
・ブルクシャアーサナをアレンジしたい♪
・ブルクシャアーサナでもっとチャレンジしたい💪‼️
・ブルクシャアーサナを取り入れたシークンエンス例✏️

LEVEL☆☆☆



about ブルクシャアーサナ

木のように足元をマットに根付かせ、しっかり立ち、バランスを取るポーズです。

ヨガでは1本足で立つバランスポーズが数多くありますが、それらの基礎となるポーズです。



HOW TO
ブルクシャアーサナ

 

  1. タダーサナで立ちます。で立ちます。両手を腰に当て、片方の脚の股関節を外回しして膝を外側へ向け、かかとをくるぶしに置きます。つま先はまだ接地した状態です。動かした脚側のお尻が後ろに飛び出ないように、骨盤・上半身は正面を向いた状態を保ちます。

  2. くるぶしに置いた足を持ち上げていき、足裏を反対脚のふくらはぎの内側にあてます。股関節をしっかり外回しして、足裏がナナメにならないように全体をまっすぐ当てます。

  3. 上げた足を手で持ち上げて、内ももにあてます。

  4. 安定したら、胸の前で合掌。さらに可能であれば腕を空へ伸ばしていきます。肘をまっすぐに、あまり肩をすくめないようにします。合掌せずに真上へ伸ばしたり、斜め外側へ伸ばすやり方もあります。5呼吸キープ。

  5. 吐きながら両腕を体側へもどし、足を下ろしてターダーサナへ戻ります。逆側も同様に行います。

    (各ポーズでは、3回の深呼吸を意識しましょう。)



効果

体幹の強化、姿勢改善

脚全体の筋肉の強化

股関節外旋の柔軟性UP

大腿四頭筋ストレッチ

バランス感覚・集中力UP






注意点

  • バランスに不安がある場合は、机や壁などに手を置いて練習しましょう。
  • 股関節や太ももの柔軟性が足りないや怪我をしている場合は、足を低い位置に調整しましょう。
木のポーズ

必ず手本どおりにやらなければならないというものではありません。
怪我や、体に負担がかかる場合は、無理をしないようにしましょう。




さらに深めたい✨

  • 腰が反らないように、姿勢を美しく整える。
  • 足の位置を内ももの高い位置に置く。
  • 長時間キープできるようにする。





シークンエンス例✏️

  • ターダ・アーサナ→
    ブルクシャアーサナ(ここ!)
    →(上半身を水平に倒し、上げている脚を後ろへ伸ばしていき)ヴィラバドラーサナⅢ
  • ターダ・アーサナ→
    ブルクシャアーサナ(ここ!)
    →(上げている脚を軸足に絡めて、両腕を絡めて)ガルーダーサナ
  • ターダ・アーサナ→
    ブルクシャアーサナ(ここ!)
    →(上げている脚の親指をつかんでのばし)ウッティタ・ハスタ・パダングシュターサナ

Asana

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。