ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ

今日のアーサナ💫 ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ
別名 ” 平三角のポーズ ” ” 体側を伸ばすポーズ ” ですね。

【目次】
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナとは
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナのやりかた
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナの効果
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナの注意点
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナをさらに深めたい✨
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナをアレンジしたい♪
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナをもっと優しくしてほしい💦
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナでもっとチャレンジしたい💪‼️
・ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナを取り入れたシークンエンス例✏️

LEVEL ★★☆☆☆


ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナとは


サンスクリット語の ”パールシュヴァ”は「横腹」、”コーナ”は「角」という意味です。

ポーズとポーズの間によく出てくる、繋ぎやすいポーズです!
前足全体に大きな負担がかかることで、下半身を強く鍛えるポーズ。
後ろの足で強く床を踏みしめることでバランスをとります。
後ろの脚から上半身を一直線に保って体側を伸ばしましょう!





HOW TO

ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ

  1. ヴィーラバッドゥラ・アーサナⅡから右手を右足の外側に下ろし、指で身体を支える。
    床に手が届きにくい場合は、右肘を腿の上に置いて身体を支えます。

  2. 左手を腰に置き、ウエスト、腹、胸の順に天井に向かって捻る。

    左手を頭の先に伸ばし、両体側を長く保つ。左腕の内側から天井を見上げる。

  3. 左足を強く保ち、さらに右手で床を押しながら一息吸うごとに背骨を伸ばし、吐くごとにねじりを加えていく。(完成ポーズ)

  4. 息を吸いながら身体を起こす。足を左右に入れ替えて同様に行う。



効果

・脚全体を強化する。
・首や肩周辺を強化し、柔軟性を養う。
・股関節を柔軟にする。






注意点

  • 骨盤が前や後ろに行き過ぎないように、後ろ足から頭の先までまっすぐに伸ばす。体側を長く保つ。
  • 上半身は上方に向かって開く。
  • 手の指先を床に立てる(カップハンズ)。
パールシュヴァコーナ・アーサナ
ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ




さらに深めたい✨

  • 余裕があれば目線を空へ向ける。
  • 後ろの太ももを内旋、前の太ももを外線させて、土台を強くする。
  • 足の裏4点を根付かせる。




アレンジしたい♪

  • 両手を胸の前に持ってきて合掌する。
    (手のひら同士で押し合いっこ)





もっと優しくしてほしい💦

yoga block
  • 下の肘を前足腿の上に置く。
    or
  • 下の手をブロックの上に置く。





もっとチャレンジしたい💪‼️

  • 両手を背中の後ろに回し、指を組んで、顔を下向き、前屈する。





シークンエンス例✏️

  • 太陽礼拝の中に入れ込む
    ダウンドック→アンジャネアアーサナ→V2→リバース→
    ウッティタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ(ここ!)
    →トリコナーサナ→ダウンドック(戻る)

Asana

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。