【アロマ】ゼラニウム

今日のアロマ💫 ゼラニウム(Geranium)

アフリカで何世紀も生活と密着して使用され17世紀になってヨーロッパにもたらされ、香水の大切な成分となりました。
ローズの代用品としても広く使われています。
ゼラニウムは様々な産地があります。
レユニオン島が主産地のものを特にゼラニウムブルボン、エジプト主産地のものをゼラニウムエジプトと区別する場合があり成分には若干の違いがあります。
その他、「ローズゼラニウム」という言い方がありますが、それは違う種類のゼラニウムを言っているわけではなく、ゼラニウムの別名です。

香りの特徴

一般的にゼラニウムというと、200種類以上あり、観賞用にも沢山栽培されています。
観賞用によく見かけるゼラニウムは、厳密にいうと精油に使われるゼラニウムとは違う属科に属します。
精油に多く使われるPelargonium graveolensは、1m位まで成長する多年生の低木で、ピンク色の花を咲かせます。

効果・効能

【心への効果】
ゼラニウムは女性的な感覚と関わりがあります。
理性や論理が感情を押し殺してしまいがちな人に、感情を受け入れ、直感や創造性を促してくれます。
感受性を高めることは自分の感情を素直に受け入れ、リラックスすることにつながります。

【体への効果】
熱を冷まし、気や血液の循環を促す作用があります。
特に神経系のバランスをとったり目に関わる症状、関節痛や神経痛、リウマチなどにいいと言われています。
リンパの滞留を改善すうことにも役立ちます。

【皮膚への効果】
抗炎症作用がとても優れている精油のひとつです。
肌への作用にもとても向いていて、保湿や、ニキビ・乾癬・湿疹などの皮膚の不調改善に役立ちます。
熱を冷ますとともに湿度を与えてくれ珍しい精油です。

使う際の注意点・禁忌

妊娠中は避ける。
刺激が強い。

AromaOil

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。