妊娠中でも安心なアロマオイル

投稿日:

ヨガのレッスンで使うアロマオイルのことをまとめていたら、ほとんどが”妊娠中は注意”とあって、気になったので、この記事では、妊娠中でも安心して使えるアロマオイルをまとめてみました。

アロマオイル


妊婦さんにもアロマがおすすめな理由

妊娠中の大きな悩みの1つが、薬を気軽に使えないことです。
薬の多くは、妊娠中の使用が禁止されており、胎児への影響が出るものもあります。
非ステロイド系抗炎症剤の湿布を連用したことで、胎児の心臓に影響が出た症例もあります。
そのため、妊娠中は痛みや辛い症状を我慢しがちですが、アロマを利用することで、それらの症状の緩和が期待できます。
妊娠中は、アロマが大きな味方になってくれるでしょう。

効果・効能

アロマは香りを楽しむだけのものではありません。
芳香浴に用いることで嗅覚を通して大脳に作用したり、気化した精油を吸い込んだりすることでその成分がからだに取り込まれ、さまざまな効果が期待できます。
リラクゼーション効果が有名ですが、自律神経を整えたり、免疫力を向上させたり、認知症の予防・改善効果などが認められています。
妊娠中においては、つわりの緩和やリラクゼーション、ストレスの軽減などに利用されています。

つわり中もおすすめなエッセンシャルオイルの選び方
つわりは、妊婦さんの50~80%におきるマイナートラブルの1つで、吐き気や嘔吐、食欲の変化、匂いに対して過敏になるなどの症状がおこります。妊婦さんを悩ませる辛いつわりですが、根本的な治療法はなく、つわり時期が過ぎ去るのを待つしかありません。
エッセンシャルオイルによる芳香浴は、胃の不快感の軽減や、気分をリフレッシュする効果が期待できます。好きな香りのものを選びたいところですが、妊娠中に使っていいものと、使用しないほうがいいものがあります。
それぞれ、どんなエッセンシャルオイルがあるか見ていきましょう。

【レモン】
レモンのフレッシュでさわやかな香りには、気分を明るくし、集中力アップやリフレッシュの効果などがあります。
つわりで気分が沈んでいる時や気分が悪い時に、レモンの香りを嗅ぐことで、気分がすっきりします。

【オレンジ】
レモンと同じ柑橘系のさわやかでフレッシュな香りは、リラックス効果が高いのが特徴です。

【グレープフルーツ】
さわやかで甘酸っぱい香りのグレープフルーツの香りは、リフレッシュ効果や精神安定作用があるほか、デオドラント効果があるのが特徴です。

【ローズウッド】
ウッディな香りとフローラルな香りが調和したローズウッドは、リフレッシュ効果があり、集中力を高めるのにも効果的です。

【ベルガモット】
ベルガモットはミカン科の常緑樹で、香りも柑橘系の香りが含まれています。リフレッシュ効果に加え、鎮静効果もあります。

【ネロリ】
オレンジ・ビターの花から抽出される、柑橘系とフローラルな香りを兼ね備えた独特な香りが特徴で、幸福感をもたらし、リラックス効果があります。

【マンダリン】
オレンジに似た小さな果実の果皮から抽出されたマンダリンは、作用が穏やかで子どもやお年寄りにも使いやすく、リラックス効果をもたらしてくれます。