覚えておきたい、スポーツとヨガの違い。そもそもヨガとは?

7月23日、今日はスポーツの日ですね!

ヨガのレッスンを受講してる方の中には、ヨガをスポーツの一つとして捉えている方が多くいらっしゃると思います。

でも、ヨガ=スポーツではないんです。
(ヨガはダイエットにも効果ありますよ、その記事はこちら)

この記事では、ヨガとスポーツの違いや、そもそもヨガってなんなの?ってことを書きたいと思います。


ヨガとスポーツの違い

ヨガとは?スポーツとは?

ヨガは大きく3つの要素があって、
1.瞑想
2.呼吸
3.アーサナ(ポーズをとる)
です。

その中で、一番重要なのが瞑想です。
瞑想を深くするために呼吸法やアーサナがあります。
ポーズを取ったり、体を鍛えることによって、長く瞑想するための身体作りをしているのです。

なので、スポーツジムやヨガスタジオのクラスでおこなわれている、ポーズをとるレッスンは、元々深い瞑想に繋がるための修行だったんですね!

一方、スポーツは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体活動などのことです。

人と比べない

つまり、ヨガは自分と向き合う時間で、周りの人と自分を比べません。
最終目的がどんどう自分の内側に入っていくことですから、人と比べようがありません。
競技にはなり得ないということです😊
なので、例えばオリンピック種目にヨガが認定させることはないんですね。

疲労感がない

特に競技系スポーツをした後は、疲労感がありますよね、相手がいるので意識が外に向いています。
上手くヨガのレッスンが受けられていれば、自分の内面に意識が向いて、呼吸の巡りとともに体の動きがあるので、終わった後、すっきり元気になっているはずです。

今の状態を肯定するから、もっと美しくなれる

ヨガの哲学の中に、今のありのまま状態に満足する。っていうのがあります。
(詳しくは八支則のNiyama-Santoshaです。)
否定から入るのではなく、今をより良くするって思っていると、続けているうちに、その人自身の美しさが増している感じがあります。


痩せてるとか、太っているとかで美を判断するのはもう古いかなーと感じます。
その人らしく、元気にしなやかで動ける体が、私は一番美しいと思うのです。

自分なりに楽しめる方法を見つける♪

ちなみに、私は、スポーツもします。
ヨガで自分の体を意識的に動かす土台をつくって、筋トレでボディメイク、水泳でタイムを上げるなどのゲーム性を持ちながら持久力をつけたり、脂肪燃焼してます😊
そうすると、自然と食べ過ぎなくなるし、エネルギー源になるは食べ物だから、その内容も大切にしたくなるんですよね。

なんだかストイックに聞こえるかもしれないですが、楽しんでやってます!
それが一番ですよね!

いつもBLOGをご覧いただき、ありがとうございます^^!
ヨガをやってみたい、ヨガを続けているけど、なんだか効果がわからない、、などあなたに合ったパーソナルレッスンも公式ラインから受けつけております。

友だち追加
プライベートレッスン

Blog

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。