正しく知って、効果を高める!ヨガとストレッチの違い

投稿日:

ヨガに携わっていると、よく聞かれるのが、「自分は体が硬いから無理」とか「どのくらいやれば体が柔らかくなりますか?」です。

柔軟性にコンプレックス(?)みたいなものがある方が多い印象です。

正しくトレーニングしていれば、基本的に柔軟性は後からちゃんとついくると思います。


今日、書きたいのは”ストレッチ”と”ヨガ”の違いです。

確かに、柔軟性がある方が、できるポーズは多いです。
でも、それだけでは単なるストレッチになってしまうんですね。

せっかくヨガのポーズをする時間を取っているなら、筋肉の使い方を意識的にしてきただきたいです!

力を拮抗させること

例えば右手を肩のラインに上げ、まっすぐに伸ばしたかったら、右手だけを伸ばすよりも、反対方向に左手を伸ばして、自分の両腕内で引っ張り合うともっと伸びます。

あぐらの姿勢で座るときも、お尻の骨、坐骨でしっかりマットを下に押す意識があると、上に伸ばしたい背筋や首筋が、もう一段階美しく伸びます。

外から見たらわかりづらい作業ですが、とても効果があるし、このように力を拮抗させているかどうかは、私たちインストラクターからみるとよくわかるんですね (^_^;)

なので、ヨガの時間はやっぱり自分と向き合う時間として、一つ一つにポーズを丁寧に、自分で自分に負荷をかけるようなつもりで筋肉を意識的に使うと効果が最大に出ます。

今日UPした動画でも色々な箇所で拮抗しています。
★合掌している手の平同士は左右の肘側から押し合っていますし、
★後ろ足と前足から押し合うことでからの中心に力を集まりやすくしたり、
★体の重心を下げることで上半身をさらに力強く上に伸ばすことができます。

今日はすごく大事なこと! ストレッチとヨガの違いでした^^

***********************
ヨガのLiveレッスンを中心にしたオンラインスタジオ始めました!https://docs.google.com/document/u/0/d/17YIFR-EPbEODDKhPXXtpjhKEum0bZwR4VfgAFhuJ7g0/mobilebasic

まずは友だち追加してくださいね♪
特典で、オンラインレッスン1回目無料体験を獲得できます!https://lin.ee/27PXyz6dK***********************