ハラーサナ

今日のアーサナ💫 ハラーサナハラ・アーサナHalasana Hala

別名 日本語で 鋤のポーズ
 英語で Plow Pose

– contents –
・ハラーサナのやりかた
・ハラーサナの効果
・ハラーサナの注意点
・ハラーサナのコツ・ポイント☝️
・ハラーサナをアレンジしたい♪
・ハラーサナをもっと優しくしてほしい💦
・ハラーサナでもっとチャレンジしたい💪‼️
ハラーサナでありがちなミスアライメント🙅‍♀️
・ハラーサナを取り入れたシークンエンス例✏️


LEVEL ★★☆☆


about
ハラーサナ

サンスクリット語の “ハラ” は「鋤」。
鋤のように逆転し、足元を遠くにまっすぐ伸ばします。


HOW TO
ハラーサナ

Instagram @uosumi_tomo

 

  1. 仰向けになり、両膝を立てる。両手で膝の後ろを持ち、膝を胸に近づける。

  2. 両手をお尻の横の床におく。手のひらで床を押し、お尻を持ち上げて両手で腰を支える。

  3. さらにお尻を持ち上げ、肩の上にくるようにお尻をセット。
    肘を伸ばし、両手を組む。
    首に体重がかからないように肩の外側に体重をのせ、足先を遠くに伸ばしてかかとを閉じる。目線は鼻先に。

    (各ポーズでは、3回の深呼吸を意識しましょう。)



効果

  • 肩のストレッチ 
  • 肩・首こり解消
  • 疲労回復 
  • 血行促進 
  • むくみ解消 
  • アンチエイジング 
  • 内臓を正しい位置に戻す

頭を下にして前屈するので、背骨周りの結構が良くなります。
更に、内臓に刺激が加わるので、その機能がアップ。手を組んんで腕を後ろに伸ばすことで、背中や方周りがほぐれます。



注意点

  • 逆転のポーズは生理中の時は避けます。
  • ポーズ中に首を左右に動かしたり、首に体重をかけると、首に過度な負荷がかかり、怪我につながりやすいので、首は動かさず、首の後ろを伸ばすことを意識。


コツ・ポイント☝️

  • 肩、肘が土台になるので上半身でしっかりマットを押す。
  • 両膝を伸ばし、できるだけ遠くに足先を置く。

必ず手本どおりにやらなければならないというものではありません。
怪我や、体に負担がかかる場合は、無理をしないようにしましょう。


アレンジしたい♪

  • 両手を足先に伸ばしてつま先を掴み、頭の方に引き寄せるようにすると、更に膝が伸びます。


もっと優しくしてほしい💦

  • 最初の仰向けの段階でブランケットを肩から下に敷くと、首のカーブが緩やかになり、負担が減ります。


もっとチャレンジしたい💪‼️

  • 両膝を曲げ、左右から膝で耳を挟みます。(両足で耳を挟むポーズ)
  • 両足で耳を挟むポーズから、両手を骨盤に添えます。(腰を支える)


ありがちなミスアライメント🙅‍♀️

  • 十分に腰が上がっていないのにこのポーズをしようとすると、足がマットにつかないので、サルヴァンガアーサナをやってから、このポーズに入るとやりやすいです。


シークンエンス例✏️

  • サルヴァンガアーサナ→ハラーサナ→サルヴァンガアーサナ

Asana

魚澄トモ View All →

・全米ヨガアライアンス認定インストラクター
 (RYT200取得)
・yoggy-yogaフロークラス研修終了
・YIC(yoggy-institute)200認定インストラクター
・マタニティヨガ指導者養成講座修了
 (国際ウェルネス協会)
都内数カ所スタジオでレギュラークラス担当中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。